ChAir – interactive LED furniture –

1
We developed interactive LED chair which called “ChAir”.

Generally, ChAir works as illumination like a wire frame.
When some person sit down on ChAir, it detect person’s relationship and change the brightness and colors by timing and distance of persons and etc.
For example: when a couples sit down on chairs, each chairs changes to same color.

This chair was developed stones which used to revetment from sea.
We represent memories of stones by calm lighting.

本作品は、象の鼻パークに設置されている石のベンチを用いた、
座る人同士の関係性により光量・色といった環境を変容させるベンチ型の「空気を読むイルミネーション」である。

通常時は、ベンチはそれぞれの色で光り、
石のワイヤーフレームを模したイルミネーションとして機能する。
体験者が着席すると、座ったタイミングに応じてカップル・友人・他人といった特性を判断する。
例えば、カップル同士の場合同じ色になったり、
より近しい関係であると判断された場合は空気を読んで徐々に光量を下げ、
体験者たちのムードを高める。

本作品で使用した、象の鼻パークにベンチとして設置されている石は、
かつてこの地で堤防を構築していたものであり、その風合い・形状には「時」が刻まれている。
本作品では、夜間もこの「時」を感じることができるよう、非着席時はぼんやりと石の輪郭線を繰り返し発光させる。
この演出により、来場者にはおだやかな海の波や、時の流れを視覚的に感じてもらうことができる。

—— [Credit] ——
Artist: Yuki ANAI( sorauta.net/ ) x Kentaro TETSUKA( cargocollective.com/kentarou )
Film: Japan Culture Observatory( jculture.jp/ )

Likes: 1

Viewed: 272

(Visited 4 times, 1 visits today)

You might be interested in

LEAVE YOUR COMMENT

Your email address will not be published. Required fields are marked *